TEL

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアは腰痛や坐骨神経痛の方に多く見られる症状で、突然痛みが発症するタイプと、じわじわと痛みがあらわれ慢性化するタイプに分かれます。

わたしたちの身体は通常ならスムーズに身体の曲げ伸ばしができますが、椎間板ヘルニアになってしまうと神経が圧迫されてしまい腰から脚にかけて痛みやシビレ、麻痺、足の冷たさなどの症状が起こることになります。

八王子で開院しているこじま整体院では、椎間板ヘルニアと診断された症状も丁寧なカウンセリングでお身体の状態を見極めて、いま出ている痛みやシビレ・麻痺などの根本的な原因を追究して改善へと導いていきます。

症状がなかなか改善しない場合は手術をすすめられることも多い椎間板ヘルニアですが、あきらめることなく一度、八王子のこじま整体院にご相談ください。

椎間板ヘルニアが起こる原因

椎間板ヘルニア主に「椎間板突出による神経圧迫」「神経周辺の癒着」「神経の炎症または機能低下」の3つのメカニズムによって起こると考えられています。

「椎間板突出による神経圧迫」は最も多い原因と言われており、椎間板に過度の圧力がかかり続けることで椎間板が強く押され、結果、椎間板が突出してしまい後ろにある神経を圧迫することで痛みやシビレ・麻痺などの症状を引き起こします。

「神経周辺の癒着」は靭帯の膨隆または脱出した髄核が神経と線維性癒着を起こし、神経の動きが悪くなることで椎間板ヘルニア特有の症状があらわれます。

「神経の炎症または機能低下」の場合は椎間板の神経周辺の充血炎症、神経の機能低下によってしびれ・神経麻痺などの症状を起こします。

同じ椎間板ヘルニアでも原因は一人ひとり異なりますので、施術を続けているのになかなか改善しないとお困りの方も、豊富な専門知識と技術で症状を改善へと導く八王子の小島整体院へまずはお越しください。

椎間板ヘルニアの施術について

椎間板ヘルニアはタイプ別に原因が異なり、また一人おひとりの身体の状態によっても必要となる施術法は違います。

施術を続けても症状が改善しない、再発を繰り返す場合には手術をすすめられることが多い椎間板ヘルニアですが、実は手術が必要なケースは少数だということは覚えておきましょう。

椎間板ヘルニアの施術法としては薬・けん引・温熱療法などによる「保存療法」、症状の原因と考えられるヘルニアを取り除く「手術療法」がよく知られていますが、腰痛や肩こりなどの運動器の痛みへとアプローチを行なう「筋緊張の解消療法」にも注目が集まっています。

八王子で整体に特化した施術で様々な症状を改善へと導くこじま整体院では、施術による椎間板ヘルニアの改善を目指すだけでなく、セルフケアやセルフストレッチについても丁寧にご指導いたします。
お一人おひとりに合ったアドバイスをおこないますので、どうぞ安心しておまかせください。

椎間板ヘルニアは予防できるの?

椎間板ヘルニアは正しいストレッチを行なうことで予防することが可能です。
ストレッチには血行促進・疲労回復・リラックス効果・神経機能の改善・柔軟性の向上など様々なメリットがあり、腰の筋肉へのアプローチを意識したストレッチを行なうことで、腰痛予防や腰痛改善になるため椎間板ヘルニアの予防にも大きな効果が期待できます。

椎間板ヘルニアの改善・予防については正しい専門知識でサポートする、八王子のこじま整体院にお気軽にご相談ください。

こじま整体院のアクセス情報

こじま整体院

所在地〒192-0043 東京都八王子市暁町1-41-23
電話番号042-696-3902
予約予約優先制。電話・メールでのご予約が可能です。
駐車場整骨院前に4台あり
休診日日曜・祝日
院長小島 俊明